スポンサードリンク
 
記事一覧

0.ダイエットの基本
1.ダイエット 方法
2.ダイエットと脂肪
3.ダイエット レシピ
4.ダイエット 食品
5.カロリーコントロール
6.ダイエット カロリー計算
7.注目のダイエット
8.やせたい人の食事
9.メタボリックシンドロームとダイエット
10.メタボリックシンドロームの対策方法
11.やせる運動のタイプ
12.やせる運動の方法
13.ダイエットのリバウンドについて
14.スピードダイエットのテクニック
141.ダイエット日記
15.産後ダイエット
16.豆乳ダイエット
17.キャベツダイエット1
18.キャベツダイエット2
19.耳つぼダイエット1
20.耳つぼダイエット2
21.チョコレートダイエット
22.太もものダイエット
23.寒天ダイエット
24.クッキーダイエット
25.トウガンのダイエット効果
26.りんごダイエット
27.プロテインダイエット
28.ウォーキングダイエット
29.スープダイエット
30.低炭水化物ダイエット
31.シモン茶でダイエット
32.断食ダイエット
33.骨盤矯正でダイエット
34.ストレッチでダイエット
35.杜仲茶ダイエット
36.ミスパリのダイエット
37.ヒルズダイエット
38.豆乳 クッキー ダイエット
39.ダイエットエンド
40.寒天で簡単ダイエット
41.チョコレート ダイエット
42『チョコレート ダイエット』2
43.ダイエット クッキー
44.『マイクロダイエット』
45.『misono ダイエット』
46.『ダイエット サプリメント』

『ホームページへ』

9.メタボリックシンドロームとダイエット

メタボリックシンドロームを改善することや、

それを予防することを目標にダイエットをしている人が、

最近とても多くなっているといいます。

「メタボリックシンドローム」最近頻繁に耳にするようになった言葉ですが、

具合的にどういうものなのでしょうか。

生活習慣病には「肥満症」「高脂血症」「高血圧」「糖尿病」などが含まれます。

そしてその原因は肥満であり、

とくに内臓に脂肪が蓄積している状態の肥満だということがわかっています。

メタボリックシンドロームとはこの内臓に脂肪が蓄積されることにより

病気が引き起こされた状態のことを指します。

メタボリックシンドロームを予防するためにはどうしたらよいでしょうか。

一番効果的なのは内臓に蓄積された脂肪を取るようなダイエットをすることです。

また実際にダイエットを始める前に、

身体に蓄積された脂肪の種類を知っておくことも大切です。

体のどの部分に脂肪がつくかによって、肥満は2つのタイプに分かれます。

下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの皮下に、

脂肪が蓄積するタイプを「皮下脂肪型肥満」、

内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプを「内臓脂肪型肥満」とよびます。

またそれぞれについて、洋ナシ形肥満やリンゴ型肥満などと呼ばれることもあります。

体形の特徴からそう呼ばれるのです。

一口にメタボリックシンドロームと言ってもその中身は色々あります。

また自分では気がつかないうちに病気が進行していることがあるので注意が必要です。

まずは自分の体の状態をきちんと把握しておき、

メタボリックシンドロームとは何かということをよく理解するとよいでしょう。

そしてそれが効果的なダイエットを進める第一歩になり、

メタボリックシンドロームの予防や改善をすることができるでしょう。

色々なダイエットの方法がありますので、

自分にあったダイエット方法を見つけることが大切です。

インターネットや本で探してみることをおすすめします。