スポンサードリンク
 
記事一覧

0.ダイエットの基本
1.ダイエット 方法
2.ダイエットと脂肪
3.ダイエット レシピ
4.ダイエット 食品
5.カロリーコントロール
6.ダイエット カロリー計算
7.注目のダイエット
8.やせたい人の食事
9.メタボリックシンドロームとダイエット
10.メタボリックシンドロームの対策方法
11.やせる運動のタイプ
12.やせる運動の方法
13.ダイエットのリバウンドについて
14.スピードダイエットのテクニック
141.ダイエット日記
15.産後ダイエット
16.豆乳ダイエット
17.キャベツダイエット1
18.キャベツダイエット2
19.耳つぼダイエット1
20.耳つぼダイエット2
21.チョコレートダイエット
22.太もものダイエット
23.寒天ダイエット
24.クッキーダイエット
25.トウガンのダイエット効果
26.りんごダイエット
27.プロテインダイエット
28.ウォーキングダイエット
29.スープダイエット
30.低炭水化物ダイエット
31.シモン茶でダイエット
32.断食ダイエット
33.骨盤矯正でダイエット
34.ストレッチでダイエット
35.杜仲茶ダイエット
36.ミスパリのダイエット
37.ヒルズダイエット
38.豆乳 クッキー ダイエット
39.ダイエットエンド
40.寒天で簡単ダイエット
41.チョコレート ダイエット
42『チョコレート ダイエット』2
43.ダイエット クッキー
44.『マイクロダイエット』
45.『misono ダイエット』
46.『ダイエット サプリメント』

『ホームページへ』

ダイエット クッキー


ダイエット クッキーには、ポピュラーな大豆以外に玄米クッキーもいいものです。

あるダイエット クッキー の主な成分は、玄米、カルシウム、オリゴ糖、DHA、

還元麦芽糖水飴、卵、植物性油脂、米こうじ酵素(1袋18本/208キロカロリー)です。

1食分208kcalは高いと思われがちです。

が、そもそもダイエット は、栄養を取らなければ良いということではなく、

栄養のバランスが取れた食品である事が、ダイエットに重要なのです。

栄養不足は、急激なリバウンドの元です。

だから、逆に、白いごはんばっかり食べるのと比べれば、低カロリーなのです。

カロリーが低くて栄養がないものだけ食べていても、

ダイエットは成功しても健康を害します。

玄米には、良質のタンパク質の他にビタミンB群・ビタミンE・パントテン酸・

・必須脂肪酸・食物繊維などの栄養成分とカルシウム・鉄・リン・カリウム・

ナトリウムなどのミネラル成分が総合的に含まれていて、全能食ともいわれています。

玄米は、炊きにくく、うまく炊けない事も多いのです。その玄米を玄米ごはんよりも、

消化がよく、どこでも食べられるよう、おいしいクッキーにしたのが,

ダイエット用の玄米クッキーです。