スポンサードリンク
 
記事一覧

0.ダイエットの基本
1.ダイエット 方法
2.ダイエットと脂肪
3.ダイエット レシピ
4.ダイエット 食品
5.カロリーコントロール
6.ダイエット カロリー計算
7.注目のダイエット
8.やせたい人の食事
9.メタボリックシンドロームとダイエット
10.メタボリックシンドロームの対策方法
11.やせる運動のタイプ
12.やせる運動の方法
13.ダイエットのリバウンドについて
14.スピードダイエットのテクニック
141.ダイエット日記
15.産後ダイエット
16.豆乳ダイエット
17.キャベツダイエット1
18.キャベツダイエット2
19.耳つぼダイエット1
20.耳つぼダイエット2
21.チョコレートダイエット
22.太もものダイエット
23.寒天ダイエット
24.クッキーダイエット
25.トウガンのダイエット効果
26.りんごダイエット
27.プロテインダイエット
28.ウォーキングダイエット
29.スープダイエット
30.低炭水化物ダイエット
31.シモン茶でダイエット
32.断食ダイエット
33.骨盤矯正でダイエット
34.ストレッチでダイエット
35.杜仲茶ダイエット
36.ミスパリのダイエット
37.ヒルズダイエット
38.豆乳 クッキー ダイエット
39.ダイエットエンド
40.寒天で簡単ダイエット
41.チョコレート ダイエット1
42『チョコレート ダイエット』2
43.ダイエット クッキー
44.『マイクロダイエット』
45.『misono ダイエット』
46.『ダイエット サプリメント』

『ホームページへ』

41.チョコレート ダイエット 1

カカオ含有率70%以上のチョコレートを食前に食べれば、

満腹中枢を刺激させて、ダイエットになるそうです。

あくまでビターチョコレートですが、

ダイエット効果が期待できる3要素があるのです。

1食前にチョコレートを摂れば、血糖値をすばやく上昇させ、

上昇した血糖値が満腹中枢を刺激し、食欲を抑える。

2カカオのタンニン、食物繊維は便秘予防の効果があり、

宿便分の体重を減らすダイエット効果がある。

3カカオポリフェノールが甲状腺ホルモンを分泌させ、血流が上昇し、

基礎代謝が高まり、消費カロリーが増え、ダイエットとなる。

うれしい事に、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、

ダイエット以外にも多様な効果があります。

それは、動脈硬化などの成人病を予防、

・ガンの予防・花粉症対策・ストレス対策に効果がある事です。まさに、一石二兆です。

チョコレートダイエットのポイントは、

1カカオ含有量70%以上のビターチョコレート。

ミルクチョコレートは、カロリーを取り過ぎ、

逆効果。21日50gを、3回に分けて食べる。 

板チョコ半分程度を朝昼晩と3回に分けて食べるといい。

3食事の20分位前の空腹時に少量をゆっくり食べる。というものです。
BACK