スポンサードリンク
 
記事一覧

0.ダイエットの基本
1.ダイエット 方法
2.ダイエットと脂肪
3.ダイエット レシピ
4.ダイエット 食品
5.カロリーコントロール
6.ダイエット カロリー計算
7.注目のダイエット
8.やせたい人の食事
9.メタボリックシンドロームとダイエット
10.メタボリックシンドロームの対策方法
11.やせる運動のタイプ
12.やせる運動の方法
13.ダイエットのリバウンドについて
14.スピードダイエットのテクニック
141.ダイエット日記
15.産後ダイエット
16.豆乳ダイエット
17.キャベツダイエット1
18.キャベツダイエット2
19.耳つぼダイエット1
20.耳つぼダイエット2
21.チョコレートダイエット
22.太もものダイエット
23.寒天ダイエット
24.クッキーダイエット
25.トウガンのダイエット効果
26.りんごダイエット
27.プロテインダイエット
28.ウォーキングダイエット
29.スープダイエット
30.低炭水化物ダイエット
31.シモン茶でダイエット
32.断食ダイエット
33.骨盤矯正でダイエット
34.ストレッチでダイエット
35.杜仲茶ダイエット
36.ミスパリのダイエット
37.ヒルズダイエット
38.豆乳 クッキー ダイエット
39.ダイエットエンド
40.寒天で簡単ダイエット
41.チョコレート ダイエット
42『チョコレート ダイエット』2
43.ダイエット クッキー
44.『マイクロダイエット』
45.『misono ダイエット』
46.『ダイエット サプリメント』

『ホームページへ』

37.ヒルズダイエット

タレント佐藤藍子が、オススメするダイエットに、

ヒルズダイエットのパステルゼリーがあります。

ヒルズダイエットのパステルゼリーは、ダイエットしてもたるまない、

理想のスタイルになるための、カロリーコントロール食品です。

ボリュームが多いので、ダイエット中も満足できる量です。

たっぷり食べられるから、ストレスも溜まらず、ダイエットが長続きします。

1食あたりのカロリーは牛乳とあわせて220kcal。なので、これを1日1、2食、

通常食とおきかえるだけでダイエットカロリーになります。

ただ、ダイエット中の通常食とのおきかえは、1日2食が限度。

でないと、ダイエットカロリーが、成人女性の基礎代謝量1000カロリー位を下回り、

ダイエット後のリバウンドのリスクが増えます。

ダイエットカロリーの目安は、

成人女性の基礎代謝量にプラスα200〜400カロリーと言われています。

それ以下だと、体が飢餓に馴れてしまい、

通常食に戻した場合、リバウンドがドッときます。

だから、1食最大で900カロリーとしたら、

2食、通常食とおきかえで、トータル1340カロリーとなり、

ダイエットカロリーとしては、ちょうどいい感じになるのです。

成人女性の通常カロリーより、500カロリーほど、低くなります。