スポンサードリンク
 
記事一覧

0.ダイエットの基本
1.ダイエット 方法
2.ダイエットと脂肪
3.ダイエット レシピ
4.ダイエット 食品
5.カロリーコントロール
6.ダイエット カロリー計算
7.注目のダイエット
8.やせたい人の食事
9.メタボリックシンドロームとダイエット
10.メタボリックシンドロームの対策方法
11.やせる運動のタイプ
12.やせる運動の方法
13.ダイエットのリバウンドについて
14.スピードダイエットのテクニック
141.ダイエット日記
15.産後ダイエット
16.豆乳ダイエット
17.キャベツダイエット1
18.キャベツダイエット2
19.耳つぼダイエット1
20.耳つぼダイエット2
21.チョコレートダイエット
22.太もものダイエット
23.寒天ダイエット
24.クッキーダイエット
25.トウガンのダイエット効果
26.りんごダイエット
27.プロテインダイエット
28.ウォーキングダイエット
29.スープダイエット
30.低炭水化物ダイエット
31.シモン茶でダイエット
32.断食ダイエット
33.骨盤矯正でダイエット
34.ストレッチでダイエット
35.杜仲茶ダイエット
36.ミスパリのダイエット
37.ヒルズダイエット
38.豆乳 クッキー ダイエット
39.ダイエットエンド
40.寒天で簡単ダイエット
41.チョコレート ダイエット
42『チョコレート ダイエット』2
43.ダイエット クッキー
44.『マイクロダイエット』
45.『misono ダイエット』
46.『ダイエット サプリメント』

『ホームページへ』

28.ウォーキングダイエット

やはりもっとも健康的なダイエットは食事を制限したものではなく、

運動をメインにしたものと言えるでしょう。

無酸素運動より有酸素運動を有効に取り入れたものと言えばウォーキングでしょう。

身運動としては1番ムリがなく、

スポーツ経験のない人でもすぐに始められる運動がウォーキングです。

効率よく背筋を伸ばして歩幅を普段歩くより広げ、

腕を大きく振り、腰をひねるようにして早足で歩きます。

かかとから着地し、つま先で地面をけり出すようにします。

1日15分くらいから始めて、

慣れてきたら30分から1時間くらいに増やしていきましょう。

脂肪は運動開始後20分しないと燃焼しないといわれるので、

止まらないで歩きたいものです。

ウォーキングをする上で姿勢もだだして歩くことで効果がさらにあがります。

またスピードは少し息が上がるくらいのスピードで歩くようにし、

決して無理はしないようにしましょう。

持続することが大切で、早く歩くことが目的ではないからです。

また、時たま早起きして早朝にウォーキングをされる方を見かけますが

朝は血糖値が低いので立ちくらみの原因にも

なり効果もあまり望めないのでおすすめしません。

あくまで自分の都合のいい時間に出来るのがウォーキングの良いところです。
BACK