スポンサードリンク
 
記事一覧

0.ダイエットの基本
1.ダイエット 方法
2.ダイエットと脂肪
3.ダイエット レシピ
4.ダイエット 食品
5.カロリーコントロール
6.ダイエット カロリー計算
7.注目のダイエット
8.やせたい人の食事
9.メタボリックシンドロームとダイエット
10.メタボリックシンドロームの対策方法
11.やせる運動のタイプ
12.やせる運動の方法
13.ダイエットのリバウンドについて
14.スピードダイエットのテクニック
141.ダイエット日記
15.産後ダイエット
16.豆乳ダイエット
17.キャベツダイエット1
18.キャベツダイエット2
19.耳つぼダイエット1
20.耳つぼダイエット2
21.チョコレートダイエット
22.太もものダイエット
23.寒天ダイエット
24.クッキーダイエット
25.トウガンのダイエット効果
26.りんごダイエット
27.プロテインダイエット
28.ウォーキングダイエット
29.スープダイエット
30.低炭水化物ダイエット
31.シモン茶でダイエット
32.断食ダイエット
33.骨盤矯正でダイエット
34.ストレッチでダイエット
35.杜仲茶ダイエット
36.ミスパリのダイエット
37.ヒルズダイエット
38.豆乳 クッキー ダイエット
39.ダイエットエンド
40.寒天で簡単ダイエット
41.チョコレート ダイエット
42『チョコレート ダイエット』2
43.ダイエット クッキー
44.『マイクロダイエット』
45.『misono ダイエット』
46.『ダイエット サプリメント』

『ホームページへ』

27.プロテインダイエット

プロテインはアミノ酸の集合体、

アミノ酸が幾つも結びついた大きな分子のことです。

水に溶けさせずに栄養にするためには、

消化してアミノ酸に分解しないと腸から吸収できず、

消化も負担が大きいです。

ですから、ダイエット効果を発揮するためには、有酸素運動が必須です。

一般に「プロテイン」として販売されているのは、

大豆などに含まれる植物性タンパク質を抽出したもので、

多くが粉末状。水やミルクに溶いて飲みます。

プロテインはもともと身体作りをする運動選手のための補助食品です。

普段の食事に加えて、足りない栄養を補うために、

完全な栄養成分で作られています。

ですからダイエット目的でプロテインを摂る場合には、

カロリーを考えることと運動をすることが大切になります。

とくにプロテインは運動をしないでプロテインを飲むと、

たんぱく質過剰になる可能性もあります。

なのでプロテインダイエットを行う場合は、

しっかりとした有酸素運動とカロリーと、

栄養バランスを考えた食事を組み合わせることを必ず実践しましょう。

どんなダイエットでもそれは同じですが、

とくに特定の栄養素や物質に偏りがちになるダイエット法の場合は、

とくに注意が必要になるでしょう。