スポンサードリンク
 
記事一覧

0.ダイエットの基本
1.ダイエット 方法
2.ダイエットと脂肪
3.ダイエット レシピ
4.ダイエット 食品
5.カロリーコントロール
6.ダイエット カロリー計算
7.注目のダイエット
8.やせたい人の食事
9.メタボリックシンドロームとダイエット
10.メタボリックシンドロームの対策方法
11.やせる運動のタイプ
12.やせる運動の方法
13.ダイエットのリバウンドについて
14.スピードダイエットのテクニック
141.ダイエット日記
15.産後ダイエット
16.豆乳ダイエット
17.キャベツダイエット1
18.キャベツダイエット2
19.耳つぼダイエット1
20.耳つぼダイエット2
21.チョコレートダイエット
22.太もものダイエット
23.寒天ダイエット
24.クッキーダイエット
25.トウガンのダイエット効果
26.りんごダイエット
27.プロテインダイエット
28.ウォーキングダイエット
29.スープダイエット
30.低炭水化物ダイエット
31.シモン茶でダイエット
32.断食ダイエット
33.骨盤矯正でダイエット
34.ストレッチでダイエット
35.杜仲茶ダイエット
36.ミスパリのダイエット
37.ヒルズダイエット
38.豆乳 クッキー ダイエット
39.ダイエットエンド
40.寒天で簡単ダイエット
41.チョコレート ダイエット
42『チョコレート ダイエット』2
43.ダイエット クッキー
44.『マイクロダイエット』
45.『misono ダイエット』
46.『ダイエット サプリメント』

『ホームページへ』

24.クッキーダイエット

ダイエットしても、いつも途中で挫折したり、

リバウンドしてしまったり……。

そんな「ダイエット失敗組」に共通しているのは、

「ため込みやすい」体質になってしまっていること。

ダイエットというと、まずは食事制限を考えます。

摂取エネルギーを減らし、運動をして消費エネルギーをふやす。

もちろんこれはダイエットの基本です。

ただ食べ物を制限するだけだと、

その状態に対して体はなるべくエネルギーを節約し、使わないようにします。

しかも、食事を制限すると栄養素が偏ることが多く、

体の調整能力も落ちてしまいます。

とったエネルギーを燃やすこともうまくいかず、

体内の不要なものを排出できない、

これがため込み体質なのです。

ため込み体質から脱出するにはどうすればよいのでしょうか。

まず、体の毒素排出機能を復活させる栄養素として、食物繊維があげられます。

ご存じのように食物繊維は体内で消化吸収をされることのない成分で、

同時にコレステロールなどをくるんで体外に排出するのに役立ちます。

直接毒素排出に役立ってくれるのです。

とくに夜仕事等をしていてどうしても夜に食事をしてしまう方は、

クッキー3枚程度をおやつに食べるようにすると良いでしょう。