スポンサードリンク
 
記事一覧

0.ダイエットの基本
1.ダイエット 方法
2.ダイエットと脂肪
3.ダイエット レシピ
4.ダイエット 食品
5.カロリーコントロール
6.ダイエット カロリー計算
7.注目のダイエット
8.やせたい人の食事
9.メタボリックシンドロームとダイエット
10.メタボリックシンドロームの対策方法
11.やせる運動のタイプ
12.やせる運動の方法
13.ダイエットのリバウンドについて
14.スピードダイエットのテクニック
141.ダイエット日記
15.産後ダイエット
16.豆乳ダイエット
17.キャベツダイエット1
18.キャベツダイエット2
19.耳つぼダイエット1
20.耳つぼダイエット2
21.チョコレートダイエット
22.太もものダイエット
23.寒天ダイエット
24.クッキーダイエット
25.トウガンのダイエット効果
26.りんごダイエット
27.プロテインダイエット
28.ウォーキングダイエット
29.スープダイエット
30.低炭水化物ダイエット
31.シモン茶でダイエット
32.断食ダイエット
33.骨盤矯正でダイエット
34.ストレッチでダイエット
35.杜仲茶ダイエット
36.ミスパリのダイエット
37.ヒルズダイエット
38.豆乳 クッキー ダイエット
39.ダイエットエンド
40.寒天で簡単ダイエット
41.チョコレート ダイエット
42『チョコレート ダイエット』2
43.ダイエット クッキー
44.『マイクロダイエット』
45.『misono ダイエット』
46.『ダイエット サプリメント』

『ホームページへ』

15.産後ダイエット

出産は女性にとって非常に大きなダメージがあります。

特にカルシウムが減少し、骨粗蒡状態になります。

その回復期である産後にダイエットをする場合には、

通常時に比べて方法等を良く検討しなければなりません。

また、授乳もありますので、

サプリメント等の摂取は師等の指示通りに行いましょう。

無理はしない方が良いけれど、体型は戻したいですよね。

念のため、産後ダイエットの前には

医師からアドバイスをもらうようにしたほうが良いでしょう。

出産後は基礎代謝が著しく落ちるといわれます。

積極的に運動しましょう。

運動しないで食べると確実に太ってしまう時期ですので要注意。

腹筋等で筋力をつけながらウォーキングなどで

効率よくカロリーを消費できれば理想的です。

病人ではありませんから、何でも食べられます。

栄養のバランスを考えて摂ります。

やはり栄養のバランスといえば、玄米や豆類を中心に摂るのが一番。

ただし、日本人は米や豆等を自然と多く接種しているので

その点は注意しておくべきです。

カロリーの量を押さえることよりもカロリーを消費することを考え、

食事はフルーツや野菜などもしっかりとるようにして、

栄養のバランスを考えるようにしましょう。