スポンサードリンク
 
記事一覧

0.ダイエットの基本
1.ダイエット 方法
2.ダイエットと脂肪
3.ダイエット レシピ
4.ダイエット 食品
5.カロリーコントロール
6.ダイエット カロリー計算
7.注目のダイエット
8.やせたい人の食事
9.メタボリックシンドロームとダイエット
10.メタボリックシンドロームの対策方法
11.やせる運動のタイプ
12.やせる運動の方法
13.ダイエットのリバウンドについて
14.スピードダイエットのテクニック
141.ダイエット日記
15.産後ダイエット
16.豆乳ダイエット
17.キャベツダイエット1
18.キャベツダイエット2
19.耳つぼダイエット1
20.耳つぼダイエット2
21.チョコレートダイエット
22.太もものダイエット
23.寒天ダイエット
24.クッキーダイエット
25.トウガンのダイエット効果
26.りんごダイエット
27.プロテインダイエット
28.ウォーキングダイエット
29.スープダイエット
30.低炭水化物ダイエット
31.シモン茶でダイエット
32.断食ダイエット
33.骨盤矯正でダイエット
34.ストレッチでダイエット
35.杜仲茶ダイエット
36.ミスパリのダイエット
37.ヒルズダイエット
38.豆乳 クッキー ダイエット
39.ダイエットエンド
40.寒天で簡単ダイエット
41.チョコレート ダイエット
42『チョコレート ダイエット』2
43.ダイエット クッキー
44.『マイクロダイエット』
45.『misono ダイエット』
46.『ダイエット サプリメント』

『ホームページへ』

11.やせる運動のタイプ

痩せたい人がするのに良い運動には3つの種類があります。

そのひとつが「有酸素運動」といって身体についた脂肪糖質を燃焼させる運動です。

「有酸素運動」というのは、ウォーキングやサイクリング、

水泳などの身体に酸素を取り入れながら行う運動のことで、ダイエットに向いているものです。

有酸素運動をすると酸素が体内の脂肪や糖質を分解してくれるので大変有効です。

そしてもうひとつは重量挙げや短距離走などの瞬発力を使う運動です。

これは無酸素運動と呼ばれる運動です。

この運動は筋力をアップさせて身体の基礎代謝を高めるものです。

酸素は使いませんが、普段からの身体の糖質の分解を促すものです。

最後はストレッチです。

有酸素運動と無酸素運動をするうえで身体を柔らかくしておくために行います。

これら3つの運動を継続的に無理なく行うことがやせたい人には重要です。

ダイエットに適した運動量ですが、運動した後に息が上がるような激しいものよりも、

終わったあとに会話できるくらいのものが良いでしょう。

また運動はダイエットにもうひとつの良い影響を与えてくれます。

それは適度な運動することによってストレスが発散できるということです。

そしてこの3種類の運動をバランスよく続けることも重要です。

毎日できる簡単な運動を食事のコントロールとともに取り入れて、

楽しくにおこなっていくと良いでしょう。

BACK