スポンサードリンク
 
記事一覧

0.ダイエットの基本
1.ダイエット 方法
2.ダイエットと脂肪
3.ダイエット レシピ
4.ダイエット 食品
5.カロリーコントロール
6.ダイエット カロリー計算
7.注目のダイエット
8.やせたい人の食事
9.メタボリックシンドロームとダイエット
10.メタボリックシンドロームの対策方法
11.やせる運動のタイプ
12.やせる運動の方法
13.ダイエットのリバウンドについて
14.スピードダイエットのテクニック
141.ダイエット日記
15.産後ダイエット
16.豆乳ダイエット
17.キャベツダイエット1
18.キャベツダイエット2
19.耳つぼダイエット1
20.耳つぼダイエット2
21.チョコレートダイエット
22.太もものダイエット
23.寒天ダイエット
24.クッキーダイエット
25.トウガンのダイエット効果
26.りんごダイエット
27.プロテインダイエット
28.ウォーキングダイエット
29.スープダイエット
30.低炭水化物ダイエット
31.シモン茶でダイエット
32.断食ダイエット
33.骨盤矯正でダイエット
34.ストレッチでダイエット
35.杜仲茶ダイエット
36.ミスパリのダイエット
37.ヒルズダイエット
38.豆乳 クッキー ダイエット
39.ダイエットエンド
40.寒天で簡単ダイエット
41.チョコレート ダイエット
42『チョコレート ダイエット』2
43.ダイエット クッキー
44.『マイクロダイエット』
45.『misono ダイエット』
46.『ダイエット サプリメント』

『ホームページへ』

10.メタボリックシンドロームの対策方法

自分ではまったく気がつかないうちに動脈硬化が進んでいることがあります。

それはメタボリックシンドロームになっている場合です。

メタボリックシンドローム対策として、ここでは動脈硬化についてご紹介していきます。

内臓に脂肪が蓄積されることによって中性脂肪が増加し、

善玉コレステロールが少ないと血液の流れが悪くなってしまいます。

よって中性脂肪の多い人はほとんどが血液がドロドロしています。

血液がドロドロの状態になり動脈硬化が進行すると、

狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を引き起こす原因となることがあります。

メタボリックシンドロームの対策が遅れるとこのような危険性があるのです。

狭心症とは動脈硬化によって一時的に心臓に血液が送られない状態といいます。

心筋梗塞とは血管に血の塊が詰まる血栓ができ、血液の流れが止まって、

心臓に酸素と栄養が行き渡らなくなる状態です。

脳梗塞というのは脳細胞に血液が流れなくなる状態のことをいいます。

脳の血管に血栓ができることでおこります。

メタボリックシンドロームによって動脈硬化が進んでしまうと、

これらの病気の要因となりえます。

心筋梗塞や狭心症、脳梗塞は命にかかわる恐ろしい病気です。

この動脈硬化は様々なメタボリックシンドロームの中で

一番恐ろしく気をつけなければならないものだと言えます。

普段から中性脂肪の値が高くても多少なら平気だろうと軽く考えていると、

色々な条件と重なってメタボリックシンドロームを発症し、

これらの病気の危険性が高まってしまいます。

検査によって動脈硬化の危険性が数値としてあらわれた場合は、

生活習慣の改善によってメタボリックシンドロームと決別しサラサラの血液を目指して、

日々の生活からメタボリックシンドロームの対策をましょう。

BACK