Buzzurlにブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

スポンサードリンク
 
記事一覧

0.ダイエットの基本
1.ダイエット 方法
2.ダイエットと脂肪
3.ダイエット レシピ
4.ダイエット 食品
5.カロリーコントロール
6.ダイエット カロリー計算
7.注目のダイエット
8.やせたい人の食事
9.メタボリックシンドロームとダイエット
10.メタボリックシンドロームの対策方法
11.やせる運動のタイプ
12.やせる運動の方法
13.ダイエットのリバウンドについて
14.スピードダイエットのテクニック
141.ダイエット日記
15.産後ダイエット
16.豆乳ダイエット
17.キャベツダイエット1
18.キャベツダイエット2
19.耳つぼダイエット1
20.耳つぼダイエット2
21.チョコレートダイエット
22.太もものダイエット
23.寒天ダイエット
24.クッキーダイエット
25.トウガンのダイエット効果
26.りんごダイエット
27.プロテインダイエット
28.ウォーキングダイエット
29.スープダイエット
30.低炭水化物ダイエット
31.シモン茶でダイエット
32.断食ダイエット
33.骨盤矯正でダイエット
34.ストレッチでダイエット
35.杜仲茶ダイエット
36.ミスパリのダイエット
37.ヒルズダイエット
38.豆乳 クッキー ダイエット
39.ダイエットエンド
40.寒天で簡単ダイエット
41.チョコレート ダイエット
42『チョコレート ダイエット』2
43.ダイエット クッキー
44.『マイクロダイエット』
45.『misono ダイエット』
46.『ダイエット サプリメント』

『ホームページへ』

0.ダイエットの基本

世の中にやせたいという人はたくさんいます。

ではダイエットとは本来どういうものなのでしょうか。

体重計に乗ってその数値が減っていると喜んでしまいがちですが、

それが本当のダイエットとはいえないのです。

本来のダイエットの目的は健康的に美しく痩せることであり、

またそれを維持することが大切です。

まず「やせる」ということは「体の余分な脂肪を減らす」ということです。

人間の体の成分は主に水分・固形成分・脂肪です。

この成分の割合のバランスが崩れることで体に良くない影響を及ぼします。

「肥満」というのは食べすぎや運動不足などによってこの脂肪の割合が高くなることで、

生活習慣病のもとになってしまいます。

見た目が細くてもこの体脂肪が多ければ「肥満」ということになります。

これが隠れ肥満です。

正しいダイエットとはこの体脂肪率を正常に戻すことです。

体脂肪は脂肪細胞のなかに食べ物から得た糖分や脂肪分のうち、

消費しきれなかったものが分解・蓄積されてできたものです。

思春期以降にこの脂肪細胞の数は減らすことはできません。

小さいころにその数は決定してしまうのです。

脂肪細胞と体脂肪が多いか少ないかは深く関係があります。

ですから子供のころの肥満には気をつけなくてはなりません。

ダイエットをしたい人はまず体脂肪を減らすことを目標にしましょう。

そして病気を防ぐことから始めることが大切です。



TV・雑誌紹介の話題・売れ筋商品

バストアップシリーズ製品から、海外のセクシーバストアップブラ
バストアップシリーズ製品から、海外のセクシーバストアップブラ